• SGシステムの強み

SGシステムの強み

01
トータルプロデュース
グループシナジーを活かした総合力

SGホールディングスグループのグループシナジーと事業部の連携により、
お客さまの課題をITだけでなく業務面から総合的にプロデュースいたします。

SGホールディングスグループは、[デリバリー][ロジスティクス][不動産][人材]など、物流をはじめとしたさまざまな分野で事業を展開しています。それぞれのグループの強みを活かし、お客さまの課題をさまざまな視点から多角的に分析し、トータルプロデュースします。海外にも拠点を有し、日本国内だけでなく海外での業務においても支援いたします。

グループのシナジーを活かし、物流業務をトータルプロデュース

グループシナジーを活かして、お客さまの物流に関わる業務を最適化いたします。
例えば、出荷支援・通販支援ソリューションで受発注処理から出荷までを管理し、テレマティクスソリューションで配送業務を支援、倉庫管理ソリューションで倉庫内を効率化します。事務作業(伝票処理・電話対応)や倉庫作業をBPOで請負い、システムの保守・運用をシステムインテグレーション部門がしっかり対応します。また、配送・倉庫業務をSGホールディングスのグループと連携することで、ワンストップでサービスを提供します。

お客さまの課題を解決するSGシステムの2つの事業分野

LOGI-IT

物流業務の課題をITで解決

佐川急便の物流をITでサポートしてきたノウハウを活かしたソリューションを多数ご用意。物流業務をITでトータルプロデュースします。
また、全国15拠点を通じて広範囲で保守サポートいたします。
BPO-IT

紙文書のあらゆる課題・バックオフィス業務負荷をITで解決

スキャニング・エントリー業務やバックオフィス業務などのさまざまなBPOサービスを提供。
経験豊富な社員によるノンコア業務の分析、先端技術の積極的な採用などにより、お客さま業務の最適化を行います。

02
創造的改革
新しい可能性を常に追求

先端技術を取り入れたシステムの研究・開発を積極的に行い、
常に新しい可能性を追求することで、お客さま企業の更なる価値向上を支援いたします。

『デジタルトランスフォーメーション』『Society5.0(超スマート社会)』と言われているように、テクノロジーの急速な進化により 、世の中は大きく変化しています。SGシステムでは、お客さまの企業価値向上を高めるべく、先端技術の研究・開発を積極的に行い、よりよいサービスの提供を行えるよう常に追求しています。

OCR・AI技術によるドキュメントソリューション最適化

SGホールディングスでは、物流センターの自動仕分け機での配送伝票読み取りなどにOCR※システムを活用しています。しかし、配送伝票の「サイズ・重量」欄には、セールスドライバー®が多忙な中で書き込む「サイズ(○付き数字)」と「重量(数字のみ)」の手書き文字が混在しています。従来のOCRではそれを完全に認識することが困難なため、手動で入力していました。
そこで約150万件のデータをAI学習させ、人間を上回る精度で認識する「AI-OCR」を開発、トライアルを行いました。現在は、本格稼動に向け構築中です。

OCR:Optical Character Recognition。手書きや印刷された文字をスキャナなどで読み取り、デジタル文字コードに変換する技術。

AI・RPA技術によるバックオフィス業務の最適化

SGシステムのコールセンターでは、お客さまとオペレーターの会話をAIで音声認識し、テキスト化する「音声認識AI」のトライアルを行いました。
会話中にリアルタイムでテキスト化されるため、これまでは通話終了後にオペレーターが行っていた、会話内容の入力作業の大幅な時間短縮を目指します。

SGホールディングスグループのバックオフィス業務において、人間によるパソコン作業を自動化する「RPA」の導入を積極的に行っています。ソフトウェアロボットにより、アプリの起動やデータ収集、入力処理やメール送信などを自動実行でき、複数のシステム・ファイルの参照や入力、連携も可能です。現在、SGシステム内で約260の業務を候補として選出し、RPA化を進めているほか、グループ各社でも導入・活用し始めています。

RPA:(Robotic Process Automation)。構造化されたデータをソフトウェアロボットが自動で収集・統合し、システムに入力する技術。

その他、さまざまな取り組み

佐川急便のセールスドライバー®が利用しているポイント情報入力端末「PDT(ポータブル・データ・ターミナル)」を2017年からスマートフォン化し、ドライバー業務を最適化。マテリアルハンドリング(マテハン)の自動化で倉庫内業務の効率化を進めています。その他にも、研究費用を取って、さまざまな先端技術を取り入れた研究・開発を行っています。
また、若手社員にも早い段階から先端技術に触れられるよう、実際に先端技術を用いた勉強会を実施しています。毎年、先端技術の中からいくつか選定して物を購入し、システム開発・ビジネス提案の視点から勉強しています。

03
実績に基づく技術力
高技術力・高セキュリティ

SGホールディングスグループのシステム構築・運用を担う「IT中核企業」として、ITコスト削減・業務効率化などでグループに貢献。その中で得たナレッジ・技術力でお客さまのシステムを構築・運用いたします。

第1の変革
1985年~2004年

システム化によるサービルレベル強化

SGシステムは、1985年に「全国貨物追跡システムサービス」リリースを皮切りに全国でバラバラに導入していたSGホールディングスのシステムを統一化、手動で行っていた業務をシステム化しサービスレベルの強化を行いました。
第2の変革
2005年~2017年

共通プラットフォーム化によるITコスト低減

2005年になってからは、ベンダーロックインからの脱却を行うためダウンサイジングを行い、共通プラットフォーム(SGH-P)を構築してシステムの集約 、オープン化に踏み切りました。
まずはCPU負荷が高かったシステムをオープン系に切替え、6ヶ月で完了。数10億円の投資を抑えられたことで、そこから7年掛けてダウンサイジングを完成させ、ITコストを35%削減。
コストの削減だけでなく、ベンダー任せであった部分も徐々に保守・運用の内製化を進め、今ではほぼ全て自社内で構築・運用を行えるほどの技術力があります。
第3の変革
2018年~

AI等を活用した効率化・省力化

レガシーシステムを無くし、横断的にシステムを管理・分析できるようになったことで、無駄や不足している箇所を洗い出しやすくなり、常により良くなるよう改善・品質向上を図っています。
先端技術も取り入れやすい構成となっているため、これまで蓄積してきた情報(ビックデータ)の分析による物流業務の最適化、BPO業務のAI(人工知能)による業務効率化など、更なる改善・品質向上を目指し、先端技術を取り入れたシステム構築を行っています。

セキュリティ・BCP対策

SGシステムでは、開発時に脆弱性診断を必ず行うことでシステムが危険に晒されないよう対策しています。システムだけでなく、SGシステムのデータセンターは、3年ごとに第3者によるセキュリティアセスメントを実施することで常にセキ ュリティを万全な状態にできるよう努めています。
また、データセンターはBCP対策を見据えた強固なネットワーク・インフラ環境を備えていますので、お客さまに安心安全な環境を提供可能です。