このページの先頭です

メニューを飛ばして本文を読む

サイト内の現在位置

ここから本文です

沿革

1974(昭和49)年 佐川急便(株)東京店開設と同時に計算部設置
1982(昭和57)年 佐川急便(株)東京店電算室開設
1983(昭和58)年 佐川コンピューター・システム(株)設立
佐川急便(株)東京店電算室が情報システム室と改称
1984(昭和59)年 佐川急便(株)東京情報システム室を佐川コンピューター・システム(株)へ移管
佐川コンピューター・システム(株)東京センター発足
ホストコンピュータ ACOS S750(NEC社製)導入
1985(昭和60)年 全国貨物追跡システム構築
一般第二種電気通信事業者届出
1986(昭和61)年 代引管理システム構築
1987(昭和62)年 ホストコンピュータ  ACOS S910(NEC社製)導入
1989(平成元)年 路線管理システム構築
1990(平成2)年 情報計算システム(株)設立
1991(平成3)年 伝レス集配信サーバ  CYCLONE(日本タンデムコンピューターズ社製)導入
ホストコンピュータ  ACOS S3800(NEC社製)導入
全国佐川メールシステム構築
伝票レス集配システム構築
1992(平成4)年 出荷支援システム「飛伝98」構築
保険システム構築
1993(平成5)年 貨物事故システム構築
1994(平成6)年 出荷支援システム「飛伝アシスト」構築
1996(平成8)年 ホストコンピュータ  ACOS PX7800(NEC社製)導入
烏丸センター編入
1997(平成9)年 東京センターが佐川急便(株)東京支社へ移管
烏丸センターが佐川急便(株)大阪支社へ移管
WorldMark5100M(日本NCR社製)導入
貨物データベースサーバ  HimalayaS70000(日本タンデムコンピューターズ社製)導入
伝レス集配信サーバ Himalaya K2000(日本タンデムコンピューターズ社製)導入
全国ネットワークをIP化(Tree型)
全国統一システムサービス構築
1998(平成10)年 Alpha Server4100(日本DEC社製)導入
出荷支援システム「飛伝BOY」構築
出荷支援システム「飛伝V」構築
1999(平成11)年 統一マザーホスト IBM9672(日本IBM社製)導入
インターネット貨物サーバ Himalaya K2000(日本タンデムコンピューターズ社製)導入
アトムシステムサービス構築
統一貨物追跡システム構築
統一マスタシステム構築
インターネット貨物追跡システム構築
全国統一インターネット基盤構築
荷物お問い合わせサービス構築
飛脚クール便サービス構築
インターネットビジネス「e's」構築
2000(平成12)年 地域密着型ポータルサイト「きょろきょろ京都」構築・運営開始
貨物データベースサーバ Himalaya S72000(コンパックコンピュータ社製)導入
伝レス集配信サーバ Himalaya S72000(コンパックコンピュータ社製)導入
携帯電話インターネット貨物追跡システム構築
荷物お問い合わせサービス(携帯版)構築
配達受領印要求サービス(携帯版)構築
配達完了E-mailサービス(携帯版)構築
配達受領印要求サービス構築
配達完了E-mailサービス構築
「e-コレクト®」システム構築
飛脚メール便サービス構築
総合インフォメーションシステム構築
2001(平成13)年 「ISO9001:2000年版」認証取得
特定無線局免許取得
第5回情報システム大賞 中規模部門 グランプリ受賞(主催:日経コンピュータ)
ホストコンピュータ ACOS I‐PX7800(NEC社製)導入
インターネット貨物サーバ Himalaya S7400(コンパックコンピュータ社製)導入
ネットワークIP-VPN化へ再構築
配達完了データのリアルタイム送信システム構築
多機能送り状発行ソフト「e飛伝」構築
統合グループウェア構築
2002(平成14)年 沖縄コンタクトセンター開設
地域密着型ポータルサイト「きょろきょろ小樽」構築・運営開始
Web-EDIシステム構築
第2次情報システム化計画
2003(平成15)年 佐川急便(株)の支社ITシステム部門、情報計算システム(株)を佐川コンピューター・システム(株)に統合。
(北海道・東北・関東・中京・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄を含む10拠点)
決済状況問い合わせシステム「e-SAXIS」構築
2004(平成16)年 プライバシーマーク取得
全国ネットワークをアウトソーシング化
2005(平成17)年 ISMS認証取得
※取得範囲:本社
沖縄エントリーセンター開設
F-Cubeプロジェクトスタート
(ホストコンピュータのダウンサイジング2011年完了)
携帯端末「7th‐PDT」導入
2006(平成18)年 新貨物システム構築
(佐川急便の基幹システムを日本最大級のオープンシステムに刷新)
2008(平成20)年 大手生命保険会社のデータ化案件受注に伴い、スキャニングセンター5拠点開設
(宮城、東京、愛知、京都、福岡)
2009(平成21)年 官公庁からのデータ化案件受注に伴いスキャニングセンター3拠点開設 (東京、京都2拠点)
全国ネットワークを完全二重化
2010(平成22)年 資本金を3億5千万円に増資
佐川コンピューター・システム株式会社からSGシステム株式会社へ社名変更
十条センター開設
バーコードスキャナ付きスマートフォン導入
宅配専用新型車載ナビゲーションシステム「Biz-Navi」構築
2011(平成23)年 荷主発行システム「Biz-Logi」シリーズ提供開始
中国にて合弁会社「無錫飛速物流信息科技有限公司」設立
物流業界・業務向けクラウドサービス(SaaS型サービス)である「Biz-BLUE」の第一弾としてトラッキングマネージメントシステム(荷物追跡システム)提供開始
2012(平成24)年 福島BPSセンター開設
2013(平成25)年 東京SIセンター開設